稼ぐを!記事

注目の話題

【資産運用】プロに任せっきりで人気 資産運用できる「ラップ口座」とは?

 

1: かじりむし ★ 投稿日:2014/10/13(月) 23:51:32.38
プロに任せっきりで人気 資産運用できる「ラップ口座」とは 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版
http://dot.asahi.com/wa/2014101000049.html
※週刊朝日 2014年10月17日号より抜粋 (更新 2014/10/13 16:00) プロに任せっきりで資産運用ができる「ラップ口座」が大人気だ。ラップ口
座のラップ(Wrap)は英語で「包む」の意味。証券会社などに、自分の資産を
数百万円以上、一括して預けて運用してもらうというもの。運用はすべて金融
機関の担当者がしてくれる。最近、利用者が急増しているのだ。

日本投資顧問業協会によると、6月末時点の契約件数は12万件以上と、昨年3
月末の2.5倍に。預けられている金額(残高)は約1兆6千億円と、2012年3月末
と比べて3倍近くに拡大した。特に、13年3月以降では8千億円以上も増加して
いる。

どうして、急速に伸びてきたのか。

その大きな理由は、利用できる最低金額がここ数年で大幅に下がってきたか
らだ。開始当初は大口の利用者しか契約できなかった。例えば、野村証券は3億
円からだったが、いまは500万円から可能だ。SMBC日興証券は昨年、1千万円か
ら300万円に下げた。

一人ひとりに合った運用プランをつくる「オーダーメードの資産運用」とい
う資産家向けのサービスコンセプトはそのままで、最低利用額が大幅に下がっ
たことで、退職金や預貯金を元手に契約する人が出てきているようだ。インフ
レが進むと預貯金が目減りするということも後押ししている。

ラップ口座の利用の流れを簡単に説明しよう。

まず証券会社など金融機関に出向く。そこで、どのような商品に投資するか
など運用スタンスの相談をする。運用スタンスが決定したら、それに応じて金
融機関が資産を運用してくれる。

ただ、ラップ口座の裾野は広がってきたばかり。投資できる商品や運用スタ
ンスは各社で異なっている。複数の金融機関で説明を受け、内容を比較して納
得したうえで契約しよう。窓口に行って丁寧に説明してもらい、すぐに契約す
る……ということは避けたほうが無難だ。

「『退職金が出た』『株高になったから』と興味を持って相談に行って話をし
ているうちに契約してしまった、ということがないようにしたいですね。ご家
族の方と一緒に行って意見を聞いたほうがいいでしょう。もちろん、すぐに必
要になるような資金は取っておいて、余裕資金だけで契約するようにしましょ
う」(資産運用に詳しい京都大学経営管理大学院の川北英隆教授)

no title

画像:各社のパンフレット (c)朝日新聞社

2: 【中部電 65.7 %】 【11.6m】 投稿日:2014/10/13(月) 23:52:56.50 ID:gE8gAQwd
電気ビリビリデジタルDGスラッシュビートで突っ走れ?

 

3: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2014/10/13(月) 23:53:26.79 ID:yKqVrABL
今の世の中

 

4: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2014/10/13(月) 23:53:52.40 ID:10CCPaRY
実際には記事が書かれることで
宣伝効果を期待している提灯記事なのであった

 

5: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2014/10/13(月) 23:54:09.56 ID:KU6TjgRz
ヘイヘイ無くなるナショナル貴方マネー無くなる

 

6: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2014/10/13(月) 23:54:11.22 ID:svR45Vtw
ちょっと彼女、その金運用ま・か・せ・ろ・YO!

 

8: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2014/10/13(月) 23:57:52.29 ID:D3mmgCu1
投資信託に100万円預けた知人、数年後利息が30万円の通知が着たと聞きに来た知人
ちゃう、それ預けた金が30万に成ったんやいったら、絶句してたわ

 

9: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2014/10/13(月) 23:59:32.40 ID:InSvSaLo
大口顧客の損失補填のためですね。

わかります。

 

11: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2014/10/14(火) 00:00:58.13 ID:KNQc15fr
ちょろまかされるのがオチ

 

12: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2014/10/14(火) 00:01:01.17 ID:VvUAs6u6
最初は糠喜びさせて気づいたら半減してるってことあるよね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0 follow us in feedly